×
Select your region:

シックボー

シックボーは人気のある中国のテームでお好きなオンラインカジノで楽しむことができます!

シックボーはクラップスと似た、よりルールの簡単なゲームで、少し変わったゲームを求めているギャンブラーに魅力のある面白いゲームです。当サイトのわかりやすいシックボーガイドを使ってルールを学び、自信を持ってプレイしましょう。

レッスン

初心者は始めからスタートするとよいですが、必ずしも順番通りに進まなくても構いません。

シックボーに最適なカジノ

Right Casinoのシックボー特選カジノでロックンロール!

Cherry Casino
Casino Room
Bonus:
100% £500
T&Cs apply
92 100
InterCasino
Bonus:
200% £400
T&Cs apply
86 100
Betchan Casino
888 Casino
Bonus:
100% £100
T&Cs apply
80 100

シックボー — 基本について

シックボーは古代中国のルーレットによく似たギャンブルゲームです。必要となる不規則性を作り出すためにボールがルーレットのホイールの周りをスピンする代わりに3つのサイコロが振られます。プレイヤーはどうサイコロの目が出るかに対してギャンブルし、もし賭けた組み合わせが出れば賞金がもらえます。シックボーという言葉は、このゲームが元々3つのではなく2つのサイコロでプレイされていたので、‘ペアのサイコロ’という意味だと主張する人もいますが、実際には‘貴重なサイコロ’という意味です。

シックボーは非常に単純明快なゲームです。プレイヤーがチップを賭けることができるような結果の種類は数多くあります。最も儲けが大きいのは、具体的な数字にかけた場合です。つまり3つ全てのサイコロがプレイヤーが選択した数字を出した場合です。この倍率は180対1となります。初歩の数学しか知らない人でも三つのサイコロが出す目を全て正確に当てた場合のオッズならすぐに当てることができるでしょう。実際は(6x6x6)=216対1で、もちろんハウスもエッジをキープします。

その他にも、三つの数の組み合わせのどれかが当たればペイアウトは30対1で、実際のオッズは36対1です。2つや1つの数字にも賭けることができますし(選んだ数がサイコロのどれかに出れば1対1、2つに出れば2対1、3つに出れば3対1です。)サイコロの合計も可能です。合計が17か4の場合はオッズが60対1になります。合計が9から12の間なら6対1です。もちろん、合計3と18は3つとも1か6が出ないと不可能なのでには賭けることができません。

また、2つのサイコロの組み合わせに賭けることもできます。その場合は‘スモール’か‘タイ’(合計が4から10で3つとも同じ数字が出なければ配当は1対1。)か、‘ビッグ’か‘サイ’(‘ビッグ’と同じオッズとルール。)を選択します。

シックボーをプレイする場合、賭け金を決める時間は非常に限られています。進行役が時間が来たことを告げるとその後のベットは禁止です。

サイコロを使った別の人気ゲームのクラップスとは違って、進行役がサイコロを扱い、テーブル上には投げられません。代わりにサイコロは木の箱に入って振られます。その箱はその後シックボーテーブルに置かれて、プレイヤーたちが勝負の結果を見ることができるように開かれます。中にはサイコロが底が平らなプラスチックのグローブを使うカジノもあります。

シックボーの歴史

シックボーは紀元一世紀頃からプレイされていたという証拠があります。中国からの移民が1900年代初期にアメリカに持ち込まれ(‘キノ’もそう伝えられています。)ゲームは1920年代にアメリカのカジノに入り込み、小さいながらも強力なファンを伴いながら成長しました。アメリカでは、最初は真剣なギャンブルゲームというよりは楽しむためのゲームとして見られていて、しばらくは‘チャック・ア・ラック’などと呼ばれていました。ゲームがより本格的になったのは1940年代で次の中国からアメリカへの移住の波が来た時でした。

ラスベガスでシックボーが楽しめるようになったのは1990年代に中国が主要経済大国となり、現金を持った中国人観光客の波がネバダ州のギャンブル首都に観光に来るようになった頃でした。

約5台に1台のシックボーテーブルは、数字ではなく色のついたシンボルがついたサイコロを使用しています。このシックボーのタイプは‘イー・ハー・ハイ’また英語では‘フィッシュ・シュリンプ・クラブ’として知られています。このゲームにはシンボルの色によっていくつか追加のベットが可能で、色には赤(魚または雄鶏)、緑(サソリまたはカニ)または青(ひょうたんまたはコイン)があります。

イギリスでは、シックボーが法的に認可が出た2002年まではあまり知られていませんでした。

オンラインカジノでのシックボー

シックボーを取り扱っているオンラインカジノは多くありません、というのもヨーロッパのカジノではあまり人気がないからです。ゲームの構成はルーレットとよく似ているため、当然ヨーロッパのギャンブラー達は、3つのサイコロの出た目よりは小さなボールがホイールの周りを回転することに賭けることを好んでいます。

マイクロゲーミングやプレイテックなど数件のソフトウェアハウスはオンラインカジノプレイヤー向けのバージョンを提供していますが、基本のゲームのみとなっています。マイクロゲーミングのバージョンは標準のシックボーテーブルや他のシックボーのバージョンと比べて割高なオッズを付けています。例えば、合計の数が4または17が当たると、通常は60対1であるところが62対1の割で配当がつきます。