×
Select your region:

ポーカーの種類

異なるポーカーゲームとルールのバリエーションについて学ぼう。

ポーカーの楽しみ方はたくさんあります。このレッスンでは最も人気の高いポーカーゲームを紹介し、よく使われる標準のポーカールールのバリエーションの概要をカバーします。

[LESSON_INDEX]

ゲームの種類を理解する

ポーカーの様々なタイプは主に3つに分類できます。ドロー、スタッドと共通カードポーカーです。以下のゲームは各グループ毎に並べられていて、各々のユニークなルールの短い説明がついています。

ドローポーカー

以下のゲームでは、プレイヤーは全カードを裏向きにして受け取り、さらに強いハンドにするために何枚かのカードを交換することができます。

  • ファイブカード・ドロー: 伝統的なハンドランキングでプレイされます。全プレイヤーが5枚のカードを受け取ったあとベットラウンドが始まります。もし第一ラウンドで一人以上残れば、‘ドロー’フェーズが始まります。ここではプレイヤーは何枚でも持ち札を捨てて、デックのカードと交換することができます。‘ドローの後’の2回目のベットラウンドが始まり、そのあとはショーダウンとなります。一番強いハンドがポットを獲得します。
  • バドゥギ: バドゥギ・ハンドランキングを使ってプレイされます。勝ちのハンドは全て異なる数とマークでなくてはいけません。(同じ数やマークはカウントされません。)
  • バドゥチ: バドゥギ・ハンドランキングとセブン・ローボール・ハンドランキングの両方を同時に使ってプレイされます。プレイヤーは5枚カードを引き、ポットの分配を狙います。半分がバドゥギランキングで、残りはローボール・ジュース・トゥ・セブンで勝敗を決めます。
  • カリフォルニア・ハイ・ロー:バドゥギと本質的には同じですが、デックにジョーカーをバグ(どの数字、マークにもなるワイルドカード)として入れます。 

スタッド・ポーカー

この種類のゲームでは、プレイヤーは表向きと裏向きの両方のカードを複数のベットラウンドで受け取ります。

  • セブンカードスタッド: 伝統的なハンドランキングを使います。2枚のカードが各プレイヤーに裏向きに配られ、その後のベットラウンドでは一枚のカードが表向きに配られます。これが3回繰り返され、その後裏向きのカードが一枚配られます。ゲームはショーダウンで終了です。
  • シックス/ファイブカードスタッド: 最後(または最後の2枚)の表向きのカードが省略されることを除いて、セブンカードスタッドと全く同じです。
  • ラズ: ファイブローボールのハンドランキングを使います。7枚のカードが配られますが、そのうちベストな5枚のみをプレイヤーのハンドとして数えます。ラズはまた、一般的にベットに上限があります。アンティの後、各プレイヤーに2枚のカードが裏向けに(‘ホールカード’)、一枚表向きに(‘ドアカード’)配られます。一番強いドアカードを持つ人が、初めの強制ベットの‘ブリングイン’をオープンします。これは通常のベットの1/3から半分ですが最高通常の全額までベットできます。他のプレイヤーは最高のハンドでコールするか通常のベットをレイズして‘完成’することができます。そしてゲームは普通に継続されます。二人か三人が同じ数のドアカードを持っている場合、ブリングインはカードのマークで決定します。強さはスペード、ハート、ダイアモンド、クラブの順です。
  • 8・オア・ベター・ハイ・ロースタッド:セブンカードスタッドと全く同様にプレイされますが、ポットが最弱のハンドを持つプレイヤーと最強のハンドを持つプレイヤー間で分配されます。8が一番強いかそれ以下のハンドがないと勝てません。宣言する必要はなく、ショーダウンでカードを見せて終了します。
  • ハイ・ロースタッド、予選なし:8・オア・ベターとほとんど同じですが、ポットの下限はありません。

コミュニティーカードポーカー

この種類のゲームはどのプレイヤーでもハンドを作るために使うことのできる、多数の共有カード(‘ボード’)を使うことに特徴があります。

  • テキサスホールデム:伝統的なハンドランキングを使い、カジノで現在プレイされているポーカーの中で群を抜いて高い人気があります。ゲームは各プレイヤーが2枚のカードを受け取ってから開始され、その後ベットラウンドとなります。続いて、3枚のコミュニティーカードが表向きに置かれます(‘フロップ’)。 次のベットラウンドの後、コミュニティーカードがもう一枚表向きに置かれ(‘ターン’)、その後次のベットラウンドに続きます。最後に5枚目のコミュニティーカードがが置かれると(‘リバー’)、最後のベットラウンドがあってショーダウンとなります。
  • オマハホールデム: 伝統的なハンドランキングかエイト・ローボールのハンドランキングが使われます。前者では、各プレイヤーは4枚の持ち札を受け取り、他のルールはテキサスホールデムと全く同じです。後者では(オマハ・ハイ/ロー)、各プレイヤーは2組のハイハンドとローハンドを作ります。ポットは2分され、最強ハンドと最弱ハンド間で分けられます。(両方同じプレイヤーの時もあります。)オマハをプレイするときは、プレイヤーは持ち札のうち2枚か3枚を必ずハンドに使う必要があります。

最適なポーカーサイト

当サイトのエキスパートが推奨するポーカーサイトで非常に多様なポーカーを試してみませんか。

[CASINOS games=poker]

[LESSON_NAVIGATION]