×
Select your region:

ポーカー用語集

ポーカーの用語、専門語や口語の表現を詳しい用語集で習得しよう。

ポーカーの世界には初心者には馴染みのあまりないわかりにくい専門用語がたくさんあります。当サイトのポーカー用語の概要で、面倒なことを省いて上級プレイヤーと会話するのに役立てて下さい。

Cherry Casino
Bonus:
100%最高500ドルのボーナス
T&Cs apply
93 100
CasiTabi Casino
Bonus:
最大200ドルの200%ボーナス
T&Cs apply
92 100
Casino Room
Bonus:
最大500ドルの100%ボーナス
T&Cs apply
92 100
888 Casino
Bonus:
100%最高100ドルのボーナス
T&Cs apply
80 100
Videoslots Casino
Bonus:
最高$ 200の100%ボーナス
T&Cs apply
91 100
Wunderino Casino
Bonus:
最大200ドルの200%ボーナス
T&Cs apply
93 100

用語集チャート

アクション: ポーカーのゲーム中、次に行動する人がだれであれ、その行動がおこる所。ポーカーのプレイヤーが‘カジノで昨夜いいゲームに出くわしたよ’と言えば、それはお金が乱れ飛んだ面白いゲームに当たったという意味。
アンティ: 各プレイヤーがポット開始時に支払う少額のベット
オールイン: チップがなくなった後、ゲーム中は自分のスタックにお金をたさないこと。

残りのチップを全て使い果たすオールインの後はプレイヤーは最後のベットの強さで勝負し、他のプレイヤーにはサイドポットが設けられる。
バックドアドロー: バックドアドローとはまだ配られるカードが残っていて、正しいカードが来ればプレイヤーがストレートかフラッシュを作れること。例えば、テキサスホールデムをプレイしていて、持ち札がAHKH、フロップがTH4S6Cの場合、バックドアフラッシュドアとバックドアストレートドローを持っていることになる。もし2枚のハートかQかJがターンかリバーで来れば、バックドアフラッシュまたはストレートを当てたことになる。
バッドビート: 弱いハンドを持つプレイヤーが強いハンドに勝つこと。
バッドビート・ジャックポット: ゲームで負けたプレイヤーに支払う特別ボーナス。一定の追加条件が適用される。
ビッグブラインド: ホールデムゲームでの二つのブラインドのうち大きい方。
ブランク: カードが配られる前に一人以上のプレイヤーが行う強制ベット。
ボード: ホールデムゲームで使う全てのコミュニティーカード。
ボトムペア: ボード上の最弱カードを含むペア。
バーン: ディーラーが各ベットラウンドの間に、デックの一番上のカードを裏向きに捨てること。
ボタン: 白いアクリルでできたディスクで、その時点のディーラーを示す。
ポットを買う: 相手を騙すために、コールされずに他のプレイヤーより多くベットして、ポットを‘買い’たいようなふりをする
コール: 直近のベットかレイズと同額でマッチすること。
コーリングステーション: コールはよくするがレイズやフォールドをしない経験の浅いプレイヤー
キャップ: ベットラウンドでできる最後のレイズ。
ケース: 現ランクでのデックの最後のカード。
チェック: 後のベットラウンドでコールやレイズをするオプションを残してベットを休むこと。
チェックレイズ: チェックして、自分の後のプレイヤーがベットしたらレイスずること。
コールドコール あるプレイヤーがレイズして、次のプレイヤーがもう一度レイズして、自分が2番目のレイズに対してコールすること。
カムハンド: クラップスから来た、ドローできまるハンド
コミュニティーカード: プレイヤー間で共有するポーカーテーブルの中央に表向きに置かれるカード。
コンプリートハンド: ストレート、フラッシュ、フルハウス、ストレートフラッシュー5枚の完成されたハンド。
コネクター: ホールデムの始めのハンドで、56、9T、QJなど、2枚の続きナンバー。マークが同じ2枚の続きナンバーをスーテッドコネクターと言う。
偽物: 自分の持ち札を使わずにコミュニティーカードだけでより強いハンドができる時、例えば、自分の持ち札が22でボード上には99ATTが出ているとすると、99とTTのツーペアがボード上にすでに出来ていて、両方とも22より強いので、自分のカードが無駄になっている状態であること。
クラック: 強いポケットペアがショーダウンで弱いハンドに負けること。例えばAAがショーダウンで56に負けるなど。プレイヤーが‘僕のお尻を56で割られたぜ’などと話します。
クリプル: 自分が払ったポーカーのチップの大部分を失うこと。
ディーラー: ポーカーゲームのプレイヤーdでカードを切ったり、配ったりする人。
ドミネートハンド: 同じカードを持つ人が二人いて、一人がより強いキッカーを持っている場合。例えばAKはAQより優勢で、KQはQJより優勢など。
ドロー: もし正しいカードが来れば、プレイヤーのハンドがフラッシュかストレートになる状況。
ドローデッド: どのカードが来ても勝つハンドが作れない場合。
エクイティ: あるプレイヤーの勝利見込みに基づいて与えられるポットのシェア。
期待値: 通常’EV’と書かれる、プレイヤーがあるゲームで平均的に出すと見られる利益額。
エキストラブラインド: ゲームに参加したばかりのプレーヤー、ゲームに戻ってきたプレイヤー、またはテーブル内で席を変えるプレイヤーが支払うブラインド。
ファミリーポット: 殆どまたは全プレイヤーがフロップの前にコールした場合のポット。
ファースト: ゲームでかなり積極的にベットやレイズをして攻めていくこと。
フェイバリット: 統計的に勝ちやすいハンド。
フロップ: はじめの3枚の表向きのコミュニティーカード。
フォールド: 自分のハンドをあきらめて、ポットを降参すること。
ファウル: ポーカーテーブルでルールを破り、ゲーム中に間違ったアクションをすること。
フリーカード: ベットが全くないラウンドでプレイヤーはターンでもリバーでももう一枚カードを見ないと動けない状態。
フリーロール: プレイヤーがポットに入れたお金が必ず獲得できて、全プレイヤーの分も獲得しないわけがない状態。フリーロールはプレイヤーがエントリーフィーを払わずキャッシュで賞金がもらえる人気トーナメントでもある。
ガッツショットストレート: プレイヤーがストレートを出すのにもう一枚カードが必要な状態。例えば、AKの持ち札で、フロップがTJ2では、ガッツショットストレートを出すにはQがいるような場合。
ヘッズアップ: 2人のプレイヤーのみで競われるポット。
ヒット: ‘フロップがヒットした’と言うように、自分のハンドに使えるカードが含まれるフロップのこと。
ホールカード: コミュニティーカードゲームで裏にしてラウンドの始めにプレイヤーに配られるカード。
ハウス: ゲームの運営基盤。
インプライドオッズ: 現時点では存在しないが、もし当たれば獲得すると見込まれるベットのために計算に含まれるかもしれないポットオッズ。
インサイドストレートドロー: ストレートを完成させるための限定されたカードを探していること。(ガッツショットと同じ)
キッカー: 同じ数でないカードで、タイだった時に勝敗を決めるために使うカード。
リンプ: 初心者にありがちな、コールするだけでポットに参加すること。
ライブブラインド: カードが配られる前に強制ベットをしたプレイヤーが(スモール・ビッグブラインド)、自分の番で更にレイズできること。
マニアック: 殆どのゲームで派手にプレイし、多額のチップを使っている人。
メインポット: 一人以上のプレイヤーがオールインに出たときに作られるサイドポットの反対で、ポーカーゲームの第一のポット。
マック: ディーラーの前にある捨て札の山。
ノーリミット: プレイヤーがアクション中にいくらでもベットできる種類のポーカー。
ナッツ: ボードの状況で可能な最高のハンド。
オフスーツ: 2枚の異なるマークの入ったカードを使ったホールデムの始めのハンド。
ワンギャップ: 2枚の異なる数のカードを使ったホールデムの始めのハンド。
オープンエンド・ストレートドロー: ストレートを出すためのカードの2枚のうち1枚がない状態。
アウト: 強力な勝ちをもたらすカード。
アウトラン: ゲームの始めには自分より強いハンドをもっていたプレイヤーに勝つこと。
オーバーコール: 一人以上のプレイヤーがコールした後にベットをコールすること。
オーバーカード: ボード上のどのカードよりも強いカード。
オーバーペア: フロップのどのカードよりも強い始めのペア。
ペイオフ: ベットする人がより強いハンドを持っているが、ポットがアクションをする価値があるほど大きい場合にベットをコールすること。
プレイ・ザ・ボード: ホールデムで、自分のカードがボードに出されているカードよりも弱い場合にハンドをみせること。
ポケット: プレイヤーにしか見ることのできないカード(例;ホールデムの始めのカード)
ポケットペア: ホールデムの始めのカードがペアの場合。
ポスト: ブラインドベットにベットすること。
ポットリミット: プレイヤーがポットのサイズまでしかベットできないバージョンのポーカー。
ポットオッズ: コールするのに必要なベットに対するポット内の金額。ポットが75ドルで25ドルのベットがされたとすると、ポットの合計は100ドルでコールには25ドルが必要。つまり、ポットオッズは3:1つまり25%。
プライス: ドローやコールのためのポットオッズ。
プロテクト: 自分が有利にあると思っているが、相手にターンやリバーで抜かれる恐れのあるハンドを守るためにベットをすること。
クアッズ: 4枚の同じ数のカード。
ラグ: 通常エースと共に使う低いキッカー。A2のことを‘エースラグ’ということもある。
レインボー: 3つの異なるマークのカードを含むフロップで、この場合フラッシュはターンではでない。
レイズ: 現時点のベットを増やす。
レーキ: ディーラーが全ポットから取る金額。
ランク: 数字で表したカードの価値。
レプリゼント: 必ずしも持っていないハンドがあるように見せかけてプレイすること。
リングゲーム: トーナメントの反対で通常のポーカーゲーム。
リバー: 5枚目で最後のコミュニティーカード。表向きに置かれる。
ロック: 勝つのが難しいプレイヤー。
ランナー: 通常、‘ランナーランナー’と呼ばれ、ターンとリバーで当たりカードが出れば完成するハンドのことを言う。
スケアカード: 強いカードを台無しにするかもしれないカード。
セカンドペア: フロップで2番目に強いカードを含むペア。
セル: リングゲームやトーナメントで自分のアクションの一部をプレイヤーが売ること。例えば、あるプレイヤーが大きなトーナメントのために50%のsクションを売れば、それを買った人はプレイヤーがキャッシュを獲得するたびに賞金の%を受け取ることになる。株を買うのと似た仕組みである。セルは、弱いハンドがあるように見せてコールされる時にも‘あら、そのハンドをうまくセルしたね’と言われることもある。
セミ・ブラフ: ターンかリバーで大きく勝つ可能性のあるノーペアハンドでするベットやレイズ。
セット: 自分の持ち札がペアでボードにも同じカードがあり、スリーカードができている場合。
ショートスタック: テーブルの他のプレイヤーと比較して少額のチップ。
ショーダウン: ラウンド内に残っている全プレイヤーが持ち札をオープンし誰がポットを獲得したかを決定すること。
サイドポット: プレイヤーの一人がオールインをしたが、残りのプレイヤーはベットのチップをまだ持っている時に作られるポット。
スロープレイ: レイズせずに強いハンドでプレイし、相手に自分のハンドが弱いと思わせるプレイの仕方。
スモールブラインド: 通常ホールデムで使われる2つのブラインドベットのうちの小さい方。
スプリットポット: 同じハンドを持つ二人以上のプレイヤーで割られたポット。
スプレッドリミット: プレイヤーが今までのベットラウンドの範囲内でならどの金額でもベットできるというベットの構造。
ストラドル: ビッグブラインドの2倍のエキストラブラインドベットができるオプション。
ストリングベット: プレイヤーが一アクションでポットにレイズするために必要なチップを獲得できないベットやレイズ。
スーテッド: ホールデムの始めのハンドが2枚の同じマークの場合。  
テーブルステークス: テーブル毎のリミットと最高バイインを表示するもの。
テル: プレイヤーが知らずに自分のハンドの強さについて出す手がかりやヒント。
ティルト: 感情が表に出てワイルドにまたは落ち着きなくプレイすること。通常‘ティルト’になると表現される。
タイム: プレイヤーからの次の手を考えるための時間稼ぎのリクエスト。
トークン: ポットの勝者がディーラーに払う少額のお金(通常0.5ドルから1ドル)、つまりチップ。
トップペア: フロップで一番強いカードでできたペア。
トップセット: プレイヤーがポケットペアを持ち、可能な最強のスリーカード。
トップツー: ツーペア、そのうち2枚の持ち札がボード上の最強カードとマッチしている状態。
トップアンドボトム: ツーペア、2枚の持ち札がボード上の最強・最弱カードとマッチしている状態。
トリップ: プレイヤーがポケットペアを持たないスリーカード。
ターン: 4枚目のコミュニティーカード、表向き。
アンダー・ザ・ガン: ベットラウンドで一番に行動を起こすプレイヤーのポジション。
アンダードッグ: 数学的にポットを獲得しそうにない人やハンド。
バリュー: ‘バリューにベットする’などに使われ、自分のハンドが一番強いと思っているので、相手に自分のベットにコールしてもらいたいという意味。
バリアンス: ゲームの間の損得を図る尺度。

最適なポーカーサイト

専門用語が理解できたところで、ポットにレーキを入れに行きましょう。当サイト有数のポーカーサイトで始めませんか。

[CASINOS game=poker]

[LESSON_NAVIGATION]