×
Select your region:

クラップスの遊び方

クラップスで苦労してますか?こわがらないで!Right Casinoの簡単なガイドが攻略のために役立つでしょう。

カジノのクラップス(別名‘バンククラップス’)は奥が深くて複雑なカジノゲームで、攻略するのに忍耐と時間がかかります。幸い、我々のポイントをついたゲーム入門ガイドはルールを理解できるようにカスタマイズしてあるので、自信をもってクラップできるようになります。(わかりました、冗談はやめましょう。約束します。)

[LESSON_INDEX]

遊び方

クラップスは異なるベットのタイプが表示された専用のテーブル上で勝負するサイコロゲームです。オンラインクラップスも、実際のテーブルとサイコロがバーチャルに変わっていることを除いて同じように遊びます。また、ディーラーは存在せず、サイコロの目はランダムナンバージェネレーションで決定します。

ライブゲームでは、ゲームは一人のパンター(シューター)が‘パスライン’または‘ドントパスライン’または‘ウィン・ライト’か‘ドントウィン・ロング’としても知られているラインにベットします。(ベットについての更なる情報はレッスン2でカバーします。)

シューターは‘スティックマン’(ディーラー)からもらった5つのうちの2つのサイコロを選びます。そしてサイコロを片手で、テーブルの反対側の壁に必ず当たるように投げます。

ゲームは‘カムアウト’と‘ポイント’の2つのフェーズを含む複数ラウンドで行います。カムアウトロールでサイコロの合計が2、3、12の場合、パスラインのベットは全て回収されます。これらの数は‘クラップス’と呼ばれ、当たれば‘クラップアウト’と称されます。反対に、カムアウトで7か11(‘ナチュラル’とも呼ばれます)が出ればパスラインのベットに支払われます。

シューターはカムオンロールで4、5、6、8、9か10がでるまでふり続けます。この数はその後‘ポイント’になります。ディーラーが‘オン’のボタンをテーブルのポイント数に置くと、次のフェーズが始まった合図です。

その後、シューターは7(セブンアウト)がでるまで、つまりパスラインベットの負けか、ポイントナンバー、つまりパスラインベットの勝ち、がでるまでサイコロをふります。セブンアウトが出るとそのラウンドは終了し新しいシューターが引き継ぎます。

まとめると…

シューターを選びベットを置く

ラウンドはプレイヤーたちがベットを置き、シューターがサイコロ振りの準備ができたら始まります。

カムオンフェーズ

初めの‘カムオン’フェーズでは7か11が出ればパスラインベットに支払われ、2、3か12が出れば回収されます。その他の数が出るとそのフェーズは終了となり、最後の数が‘ポイント’となって‘ポイントフェーズ’が始まります。

ポイントフェーズ

ディーラーは‘カムオン’フェーズを終了させた数(4、5、6、8、9、または10)の上にポイントカウンターを置き、シューターがサイコロをふります。ポイントナンバーが出ればパスラインのベットは支払われ、セブンアウトが出ればハウスに回収されます。

新ラウンド

もしシューターがポイントナンバーを出せばシューターは変わりません。そうでなければサイコロは時計回りの次のプレイヤーに渡されます。どちらにしてもセブンアウトまたはポイントナンバーが新しいラウンドの引き金です。

クラップスで遊ぶのに最適なカジノ

もし始める準備ができたと感じたら、オンラインクラップスで高評価のカジノをチェックしましょう!

[CASINOS game=craps]

[LESSON_NAVIGATION]