RightCasino uses cookies to ensure that we give you the best experience on our website!
Got it
×
Select your region:

バカラ

ジェームス・ボンドが好んだカジノゲームをRight Casinoでマスターしよう。

バカラはアジアのカジノで定着し、徐々にヨーロッパやアメリカのプレイヤーの間でも人気が高まったゲームです。簡単でレッスンからなるバカラガイドがあれば、このゲームを攻略することができ、人気の秘密がわかるでしょう。

バカラガイド

初心者は始めからスタートするとよいですが、必ずしも順番通りに進まなくても構いません。

バカラで遊ぶのに適したカジノ

以下のリストはバカラを提供しているカジノで評価が高いオンラインカジノです。クリックして登録し、遊びましょう。

Cherry Casino
Casino Room
Bonus:
100% £500
T&Cs apply
92 100
InterCasino
Bonus:
200% £400
T&Cs apply
86 100
Betchan Casino
888 Casino
Bonus:
100% £100
T&Cs apply
80 100

バカラー基本について

バカラはオンラインオフライン共に、ほとんどのカジノでプレイされていますが、ゲームとしてはブラックジャックルーレットと違って、軽くギャンブルしたい人たちの想像力をかきたてることができずにいます。‘高額ギャンブラー’(多額の賭け金を一回のハンドに使うことのできるプレイヤー)の間で特に人気が高く、昔ながらのカジノを訪れると、おそらくVIP プレイヤー限定のロープで区切られたエリアの奥にのみバカラのテーブルを見ることができるでしょう。

ゲームはジョーカーを除いた普通のトランプのデックを使って行われます。各カードにはポイントで示される価値があります。2から9のカードは数字が示している価値ですが、10と絵札の価値はゼロです。エースは1ポイントの価値となります。

ハンドの合計は全ての数を足した数の右端の数字です。ですから、もし7と9があると、あなたのハンドの価値は16ではなく6になります。一番高いバカラのハンドの価値は9になります。

バカラをオンラインカジノでプレイする場合は、フランス語で‘プレイヤーバンカー’を表す‘プントバンコ’として知られた少し違ったバージョンのゲームをプレイすることになるでしょう。このバージョンは配られる2つのハンドをプレイヤーハンドとバンカーハンドと呼びます。これらは単にハンドの名称で、実際にハンドでプレイしているプレイヤー(‘プレイヤー’として)とカードを配る進行補佐(‘バンカー’として)とは何の関係もありません。

オンラインでバカラをプレイする場合、3つの賭けのオプションがあります。プレイヤー、バンカーそして引き分けです。プレイヤーのハンドに賭けると同額のオッズがつき、バンカーに賭けると同額より少し低いオッズ(0.95が通常レートですがカジノにもよります)がつきます。引き分けに賭けると1:8か1:9のオッズがつきます。

一旦ベットが置かれると、ディーラーが2枚のカードを表向きに各ハンドに配り、ハンドを見て誰が勝ったかを確認します。

プレイヤーかバンカーのどちらかが8か9を出せば、ハンドは終了です。もしプレイヤーのカードが6以下の場合、もう一枚カードが配られます(あなた、つまり賭けをしている人は追加のカードを配ってもらうかどうかについての口出しはできまん。)

プレイヤーの番が終わると次はバンカーの番です。プレイヤーが3枚目のカードを引かないかぎり、プレイヤーと同じルールに従います。しかし、もしプレイヤーが3枚目のカードを引いた場合は少し複雑になります。バンカーは3枚目のカードを引けるかどうかを決める一連のルールに従わないといけなくなります。

可能な全てのカードが引かれるとハンドは終了で、賭け金が確認されます。

バカラの歴史

バカラの歴史は1400年代まで遡り、イタリアからフランスに伝わりました。(‘バカラ’はイタリア語で‘ゼロ’という意味で、ゲームは全てのカードの数の意味が全くないという矛盾した考え方からそう名付けられました。)

ゲームの歴史学者の中には1400年代にイタリアからフランスに伝わったという考えに反論し、その代わりに‘バセット’という別のカードゲームと勘違いしていると主張している人もいます。バセットはイギリスで‘ニューマーケット’として知られるゲームに似たシンプルなギャンブルゲームです。後に、別のより高度な‘ファロ’というゲームに置き換えられました。

19世紀後期にブラックジャックやバカラが使用される以前は何年もの間、ファロはヨーロッパのカジノで最も人気の高いゲームでした。

1840年より前にバカラがプレイされていたという証拠はほとんどありません。バカラには2種類ありました。‘Baccarat en Banque – 銀行でのバカラ’と’Baccarat Chemin de Fer – Fer通りのバカラ’です。’Chemin de Fer’ という名前はフランス語で'鉄の道'という意味で鉄道のことだと考えられました。Fer通りでは勝負が進むにつれ、配られるカードの入った靴がテーブルで各プレイヤーに回されたということです。

さらに歴史学者達は、Fer通りのバージョンのバカラが1910年初期にアメリカへと渡ったと結論づけました。その時代、ギャンブルは違法だったため、お金を賭けたゲームは違法のギャンブル集まりでしかプレイできませんでした。その頃の新聞に、バカラのプレイヤーがギャンブルのタブーを破ったとして逮捕された記事がいくつかありました。

バカラの人気は1950年代後期にネバダカジノに渡った後に上昇しましたが、アメリカではブラックジャック、ルーレットやクラップスの人気には決して及びませんでした。

人気の文化におけるバカラ

  • バカラはビートルズの映画‘A Hard Day’s Night’映画でのデビューをで果たしました。映画の中では、ポールマッカートニーの祖父でウィルフレッド‘アルバートステップトー’ブラムベル演ずるジョンがリンゴ・スターの気取った新しいカジノへの招待状を盗んで、ほとんどの時間をバカラのテーブルで過ごしてしまいます。バカラについて何も知らないのに(ある場面で自分のハンドが勝った時も彼は‘ビンゴ’と叫んだのですから。)結構な額を稼ぎましたーがあっという間に多額の飲み代に消えてしまいました。
  • 2006年にジェームスボンドの映画‘カジノロワイヤル’で映画の大事な場面で特殊秘密部員がテキサスホールデムポーカーでプレイしているのを見てボンドファンを驚かせました。熱狂的なジェームスボンドファンなら皆、007のカジノゲームはバカラ一つだけと知っていたからです。1953年に出版されたイアン・フレミングの小説版カジノロワイヤル(出版されたものでは初めてのボンド作品)では、ボンドはゲームで勝負する敵には全て勝ち、1967年にデビッド・ニヴェンがボンドを演じたカジノロワイヤルで、ボンドのなりすましバージョンに使われたのがこのプロットの作品でした。ジェームスボンドは、女王陛下の007、ユア・アイズ・オンリー、ゴールデンアイでもバカラをプレイしています。
  • バカラはまた伝えられるところによると、悪名高いイギリス貴族のルーカン伯爵のお気に入りのゲームでした。かつて‘Fer通り’をギャンブラーでありブックメーカーでもあるジョン・アスピナルが主催した個人ギャンブルパーティにて2万6千ポンド(現在の価値にして42万ポンド)も獲得したと伝えられています。巨大なギャンブル借金を抱えた上に、彼の子守りが殺されたことへの関与から指名手配となった後、ルーカンは1974年に失踪しその後現れることはありませんでした。

オンラインカジノでのバカラ

オンラインギャンブルの人気が高騰して以来、バカラの人気も目に見えて上昇し、実際オンラインカジノではブラックジャックとルーレットに続き3番目に人気の高いテーブルゲームとなりました。ライブカジノを提供するほとんどのオンラインカジノはバカラのライブカジノ版も取り扱っています。

カジノで提供されている大多数(全部とはいかなくても)のバカラのバージョンは‘プントバンコ’版に基づいています。もしプントバンコとバカラの両方を取り扱っているカジノに出会っても、両方とも事実上は同じゲームなので混乱する必要はありません。プントバンコは‘3枚のカード’ルールが定期的に、バリエーションなしに使われるためオンラインカジノにより適しているのです。

Top