×
Select your region:

RTG

RTG (リアルタイム ゲーミング) はオンラインギャンブル会社でダウンロードのみのカジノ対応のソフトウェアを開発、更新しています。同社は1998年にジョージア州、アトランタで設立され、2008年に全開発業務をコスタリカに移しました。

同じ頃、金融サービスプロバイダーであるHBMグループのヘイスティング・インターナショナルに買収されました。同社は現在南カリブ海のキュラソーに拠点を置いています。この記事はRTGの妙に複雑な歴史とRTGゲームで遊べるカジノについてお知らせします。

RTGの歴史

RTG は1998年にオンラインカジノにソフトウェアを提供する会社のiネットベットとして設立されました。時とともに、同社は業務を拡大し、他のカジノに同社のソフトウェアをライセンス契約し始めました。しばらくの間は、RTGからライセンスを獲得するの業界の“ジョーク”となりました、というのは、お願いするだけでよかったからです。RTGは2006年の違法インターネットゲーム強化制度が可決された後も、アメリカ居住のプレイヤーを維持するためにライセンスを許可していたとの噂もありました。

RTGはオンラインカジノのパイオニアであるウォレン・クラウドが指揮を始めてから本当の意味で業務拡大を始めました。RTGの成功にも関わらず、クラウド氏には様々な噂がたち、幾つかのRTGカジノは有数のカジノフォーラムサイトであるCasinoMeisterに“悪質”と評価されてしまいました。クラウド氏は、韓国のソフトウェアを使用した南アフリカのオンラインカジノでカジノキャリアを始めましたが、何人かのプレイヤー達に支払いをしないままにして、まずはオーストラリアへ海を渡って逃走し、その後ロンドンへ渡りました。

2004年にはハンプトンカジノでプレイしていて、130万ドルの賞金を当てたプレイヤーへの支払いを拒み法廷での裁判沙汰となりました。同社は当初プレイヤーが自動ボットを使ったと主張しましたが、やがて屈して未公開の金額をプレイヤーに支払って収まりました。カリビアン21は、カジノが様々なボーナスのルールを正しく設定していないと、オッズがプレイヤーに有利な方に上下するタイプのブラックジャックです。そのプレイヤーはRTGのソフトウェアにわずかな逃げ道を見つけ、それを利用して130万ドルを獲得したのです。RTGは ボットを使った賞金として無効にしようと試みましたが、実際にあったボットはマウスクリックをシュミレートするもので、ゲームやソフトウェアへのそれ以上の影響はないということが証明されました。この論争が起こった後、カリビアン21はRTGのカジノの全てから取り除かれました。

2007年にRTGは、開発拠点をコスタリカのヘレディアへ移しました。ちょうどキュラソー島にあるヘイスティングス・インターナショナル社に売却される直前のことでした。ヘイスティングス社自体は企業対象のサービスプロバイダーである HBM グループに統括されている会社です。

クラウド氏との関係は同氏がイビザ島で34歳の若さで心臓麻痺で亡くなった2008年7月に終焉しました。その後、RTGは損なった企業イメージの改善に努め、特に顧客維持の方法に力を注いでいます。

RTGのゲームの評判は、マイクロゲーミングやプレイテック、ベットソフト、IGT、ネットエントが保持しているレベルまでは回復できていないかもしれませんが、2010年以降RTGが自社の評判をある程度まで改善できたことは確かです。

RTGのカジノゲーム

RTGゲームの大半はビデオスロットで、市場でも比較的簡単な領域を狙っています。RTGのスロットはルール、遊び方や勝率が比較的シンプルであるため、オンラインスロットの複雑な用語や使用法に馴染むのにぴったりのゲームとして見られています。

RTGカジノゲームの中でも素晴らしいものは、日本をテーマにしたローニン、インカが元のアステック・トレジャー、そして非常に人気の高いクレオパトラのゴールド、当然、これは古代エジプトの富を扱ったゲームなどです。

RTGのゲームはそのスピードと直感的である部分が高く評価されていて、 RTGのソフトウェアを使うカジノ(評判のよいカジノ)はボーナスに寛大な傾向があります。RTGのソフトウェアにも通常2種類がありーダウンロードカジノ用のビースポーク・プログラムか、より一般的なブラウザープレイ用のフラッシュを使ったソフトウェアです。

大半のRTGスロットはプログレッシブジャックポットで、実際70以上あります。同社のジャックポットは、他のゲームで使用される標準のプログレッシブジャックポットよりも勝つのが容易になる条件が付いていて、ほとんどの場合数週間に一度または数日間に一度もの割で当たっているほどです。ただこれほど頻繁に勝利が出ると、ジャックポットが20万ドルの壁を越えないという弱点もあります。

そうは言っても、RTGのソフトを使った3つのプログレッシブスロットから100万ドル以上の賞金を出しています。それらは(この記事を書いている時点では)ショッピングスプレー(124万ドル)、ミドルライフクライシス(109万ドル)とメガゾー(105万ドル)です。

RTGのスロット以外のゲームには、デックを6つ使用するバカラ、6種のブラックジャック(問題のあったカリビアン21は除かれています。)カジノ・ウォー、クラップス、キノ、レッテム・ライド、数種のカジノポーカー(パイ・ゴウ・ポーカーを含む)4種のルーレット、シックボーや最新人気のタイプを含む15種は下らないビデオポーカーなどがあります。

RTGは‘風変わりな’ゲームにはあまり関心がありませんが、4つのスクラッチカードゲーム:ダイアモンドジャックポット、ホットダイス、マジック7、ラッキー8は提供しています。これら4つのゲームは全て他のカジノソフトウェアが使っているような‘オンライン’っぽさがなく、本物のスクラッチカードのような見た目と雰囲気があります。

RTGオンラインカジノ

RTGカジノはウォレン・クラウド氏の死去以降は、“怪しい”というレッテルはなくなりましたが、今でも避けたほうがいいものもあります。例えば、2010年、11年と12年にかけてCasinoMesiterの“年間最悪カジノ”賞に選ばれたウィンパレスグループです。ウィンパレスへのクレームの多くは、同グループの使用条件に配当率は3000ドルと明確に書かれているにも関わらず、使用されている “少額の賞金”制度に関するもので一週間に500ドルの割で配当を支払っていることに関するものです。

とは言っても、RTGカジノでの体験に満足したプレイヤーからのレポートも数多くあります。

最高の RTGカジノ

以下の表で最も人気の高いRTGカジノを見つけましょう。

Learn about the different software providers

Here are some of the major developers of software for online casinos: