×
Select your region:

IGT

イタリアのロト会社のGTECHに買収される前は、IGT(インターナショナル・ゲーム・テクノロジー)はオンラインギャンブル市場の有力プレイヤーでした。

現実の世界とオンラインの両方において開発、デザイン、生産を手がけました。この記事は、IGTがGTECHに統合される前の輝かしい歴史とIGTのゲームで遊べるカジノを掲載しています。

IGTの歴史

IGTの初めての成功は1970年代後半にビデオポーカーマシンがアメリカで大人気となった時に訪れました。IGTは スロットマシンにコンピューター技術を取り込んだ会社の一社でした。1980年代後半に、IGTは‘ネバダ・メガバックス’というスロットマシンを導入しました。これは世界初のプログレッシブジャックポットスロットでした。ネバダメガバックスマシンはリンクされ、プレイヤーたちは百万ドルのジャックポットベースに賭け金を足していきました。1989年、エルマー・シャーウィン氏、76歳がラスベガスのカネリーカジノで460万ドルのメガバックスジャックポットを当てたのです。驚くことに、16年後、彼はまたジャックポットを当てました。そして今回の賞金はなんと、2100万ドルだったのです。

IGTは2005年に世界有数のカジノソフトウェア専門会社であるWagerWorks社を買収して流行しかけていたオンラインカジノ 業界に参入しました。2010年までにはIGTは様々な業界機関から50以上の賞を授与されるほど成功しました。

2014年7月、イタリアのテクノロジー・ロト会社であるGTECHがIGT買収の契約に同意しました。提示された金額は64億ドルと推定されています。新会社はイギリスが拠点で、ラスベガス、ロードアイランドとローマに事業所が置かれます。驚いたことに、IGTの名はGTECHを尊重するために捨てられるようです。

IGTカジノゲーム

IGTはファンにとっては熱烈に愛されているヴィンテージのスロットメニューを得意としています。有名なIGTスロットはクレオパトラ、ディール・オア・ノー・ディール、レインボー・リッチーズやダビンチ・ダイヤモンドなどです。同社はまた有名な映画タイトルとのコラボも手がけていて、スタートレック、トランスフォーマーやワー・オブ・ザ・ワールドなどが代表作です。

同社はまたカジノテーブルゲームのソフトウェアも開発しており、ブラックジャック、バカラとルーレットに力を入れています。

2012年2月に5億ドルで買収したソーシャルゲーム会社のダブルダウンのおかげで、IGTはかなりの種類のソーシャルゲームアプリも提供できるようになりました。これらには ビンゴ や ポーカー などのアプリや、またダンジョンとドラゴン、キティグリッター、ミス・レッドやウルフ・ランなども含まれます。

IGT オンラインカジノ

IGTのゲームは珍しいスカンジナビアで人気のミスターグリーンカジノでよく見られます。温和なグリーンさんがゴーストバスターズ、モノポリー、スタートレック、アゲインスト・オール・オッズ、レインボーリッチーズを含むベストな5列、複数ペイラインのタイトルを取り上げた華麗なスロットメニューを見せてくれます。

その他の人気 IGTカジノはbgo、パディパワーとベットフレッドなどでしょう。

IGT ゲームに最適のカジノ

以下はインターネットにあるカジノの中でIGTゲームで遊ぶのに最適なカジノです。

Learn about the different software providers

Here are some of the major developers of software for online casinos: