カジノ再入金ボーナス

オンラインカジノがオファーする多くのボーナスはプレイヤーが行う初回のデポジットに関連したものです。追加の入金に関連したボーナスはカジノ再入金ボーナスとして知られています。

このページでは最新の再入金ボーナス情報を提供し、その仕組みを徹底的に解析します。

カジノボーナス研究資料

初心者は始めから読むべきですが、他のレッスンにジャンプしたければご自由にどうぞ。

カジノ再入金ボーナスの仕組み

再入金ボーナスはプレイヤーの初回デポジットとつながっていないことを除けば、初回ボーナスと同様の仕組みです。

多くのカジノはマルチステージのボーナスオファーの一環として再入金ボーナスを位置づけています。典型的なマルチステージのボーナスオファーは以下の様になります。

  • 初回デポジットボーナス – 100ポンドまで100% 
  • 2回目デポジットボーナス – 50ポンドまで50%
  • 3回目デポジットボーナス – 100ポンドまで25%
  • 4回目デポジットボーナス – 100ポンドまで125%

ほとんどのマルチステージボーナスはこのパターンとなっています。2回目デポジットボーナスの条件は初回よりも少ないのが常で、さらに3回目は2回目よりも少なくなります。しかしながら4回目は最もおいしい条件になることが多いのです。

この仕組みは、デポジットをしたいと思っている多くのプレイヤーが初回のデポジットを一旦行うと減ってしますからです。初回のボーナスに3回のカジノ再入金ボーナスを加えることで、カジノはプレイヤーが初回以降続けて入金してくれることを期待しているのです。可能性は、もしあなたが4回目の入金を行うまでになれば、おそらく勝負にツキがあり、オンラインカジノの虫に本当に刺されているでしょうから、5回目、そしてさらなる入金を行う可能性が高いと言えるわけです。

多くのカジノはまたすでに登録済みのプレイヤー、特に初回デポジットを行ったプレイヤー、またはしばらくの間入金を行っていないプレイヤーへの随時プロモーションオファーとして再入金ボーナスを用意しています。

カジノ再入金ボーナスのルールと条件

再入金ボーナスは通常ボーナスキャッシュとして支払われます。これは現金化できないキャッシュです。カジノの中にはボーナスキャッシュから得た賞金を現金化することができるところもありますし、賭け金またはプレイスルー条件を満たした場合にのみボーナスキャッシュを本物のお金に換えることができるところもあります。

もしあなたが25倍の賭け金条件のある50ポンドの再入金ボーナスを受け取った場合、このボーナスキャッシュを引き出し可能なお金に換えることができる前に1,250ポンド(25X50£=)を賭け金として使う必要があるという意味です。この金額は賭け金として使う必要のあるお金で、なくす必要のあるお金ではないことに注意して下さい。実際これら250回のスピンにかかる金額の1,250ポンド以上を獲得することができるかもしれませんし、その上ボーナスキャッシュが本物のお金として上乗せされるのですから。

オファーされている再入金ボーナスに関係するルールと条件を完全に理解しておくことが大切です。特定のカジノゲームによって賭け金条件にカウントされる額が違うことがよくあります。普通はオンラインスロット、スクラッチカードとジャックポットゲームが全額カウントされます。ブラックジャックルーレットなどのテーブルゲームは10%しかカウントされない場合もあります。この場合、オンラインスロットをプレイして条件を満たすのに比べて、テーブルゲームには10倍の金額を賭ける必要があるということになります。

再入金ボーナスは非常に魅力的です。カジノの中には毎週再入金ボーナスをオファーしたり、あなたが行うそれぞれ全ての入金に再入金ボーナスをオファーしてくれるところもあります。申請する前に、再入金ボーナスに関連するルールと条件を常に確認しておきましょう。オンラインカジノはあなたを騙そうとしているわけではありませんが、結局彼らは無料でボーナスを提供しているのです。もしオンラインカジノにフェアにプレイしてもらいと願うなら、あなたがフェアにプレイすることを期待されているのは当然です。

カジノ再入金ボーナスの結論

カジノ再入金ボーナスはオンラインカジノが初回以降の入金を行った場合に提供するものです。カジノ再入金ボーナスの中には2回目、3回目、4回目の入金に関連したものもありますし、月ごとや週ごと、そしてあなたが行う全ての入金に対して出されるものもあります。

そのようなボーナスは、自分の懐を痛めることなくカジノゲームで’無料のプレイ’を楽しむ機会を与えてくれます。カジノの再入金ボーナスを利用するのは極めて簡単です。ただし適用されるルールと条件に目を通して、しっかりと理解しておくことだけは忘れないようにしましょう。